栃木県宇都宮にお住いのホームティーチャー

小林 優子先生|福居中里教室


ホームティーチャーのみなさんがとても 生き生きしている感じがして、私もやって みたいなぁと思いました。

Q1 ECCジュニア教室に興味を持ったきっかけと、 教室開設を決心した決め手は何でしたか?

最初はECCジュニアのホームティーチャー募集の フライヤーを見て、どんな感じなのかなぁと 本当に軽い気持ちでした。

教室開設を決心するまでは本当に悩みました が、知り合いの先生のお話を聞いたり、 インターネットでホームティーチャーの方の ブログを読んだりして、みなさんがとても 生き生きしている感じがして、私もやって みたいなぁと思いました。

Q2 ECCジュニアのホームティーチャー説明会に 参加されたときの印象はいかがでしたか?

全くホームティーチャーになるつもりもなく、 興味だけで参加してしまいました。

そこで初めてECCジュニアのテキストなどを 見せて頂いて、とても楽しそうなテキストで、 これだったら子どもたちが楽しくレッスン できるのだろなぁと思いました。

Q3 教室を始められてから、生活はどのように 変わりましたか? またご家族、ご友人など、周りの方々の反応は いかがですか?

まだまだ慣れていないので、予習に追われる 日々です。

でも子どもたちとのレッスンはとても楽しく、 あっという間に時間は過ぎてしまいます。

自分の子どもが8才と5才でまだ小さいので、 夜のレッスンの時は実家の両親に来てもらい、 面倒をみてもらっています。

Q4 これから、ジュニア教室の開設を考えて おられる方へのメッセージをお願いします。

最初の1歩を踏み出すまでは、とても勇気が いると思います。

でも、同期の仲間たちと研修を受けていくうち にお互いの悩みを相談したり、もちろん センターのスタッフの方々も相談にのって くださるので、乗り越えて行けると思います。

一緒に頑張りましょう!

奥村厚子先生|台新田教室|現在 50代


先にホームティーチャーになった友人から、 他者と比較し教材も教授法も素晴らしいと 勧められて始めました。

Q1 たくさんある英語教室の中でECCジュニア を選び、長く続けていただいている理由を 教えてください。

先にホームティーチャーになった友人から、 他社と比較し教材も教授法も素晴らしいと 勧められ、彼女が言うならまちがいない! と始めました。

開講してから生まれた2番目の子が物心つく 頃には平日は毎日夕方から夜までレッスン が続き、わが子との接点が土・日と朝の わずかな時間、レッスンだけといった状態で、 仕事を辞めるべきか悩んだ時期もありました。

子どもから「お母さんは、仕事はしていても いつも家に居てくれるから寂しくないよ、 辞めないで」と言われ、夫のサポートもあり、 子育てと仕事の両立も乗り越えることができ、 子どもたちも立派に育ってくれました。

毎週、元気に通って来てくれる生徒さんたち の顔を見ると辞められませんね・・・。

Q2 「ホームティーチャーになって良かった!」と 実感されるのはどんなときですか?

生徒さん達が意欲的に一生懸命取り組んで 楽しく学んでいる姿を見るとき、それらの 学習が結果として評価され、生徒さんや 親御さんが喜ばれる姿を見るとき、 又ECCジュニア卒業生が顔を見せに来てくれたり、 食事会に誘ってくれたりなどなど 数えきれません。

Q3 教室を開設する前に感じていた不安、また、 それをいつ、どのように解消されましたか?

夫の転勤でこの地に住み始めたばかり、 子どもも就園前で、地域とのつながりが 全く無い中での募集はかなり不安でした。

開講前にセンターのスタッフが我が家に来て、 数組の親子を対象に説明会を開いてくださっ たり、私が最も苦手とするポスター貼りや ポスティング、チラシの校門前手配りなど 一緒に動いてくださり、順調に生徒数も増え、 有難い限りでした。

Q4 ホームティーチャーになって、ご自身の 英語力(または学力)や指導力など能力的な 変化はありましたか? また、「人間的に成長した」などの内面的な 変化はありましたか? 変化があったという方は、具体的に教えて ください。

様々な経験を重ねながら、長く続けることが 出来たという事と、生徒さんや親御さん達から 頼りにされる事で、自ずと学ばなければ ならない事も多く、まだまだ至らぬ点も多いの ですが、少しずつ自分というものに自信が ついてきたような気がします。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCジュニアスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCジュニアスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求
資料請求の方法

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ