兵庫にお住いのホームティーチャー

葉田 萌先生|広田教室|現在 20代


初めは大変と感じられると思いますが、 慣れれば本当に楽しく、何より子ども たちからパワーをもらえる仕事です。

Q1 ECCジュニア教室に興味を持った きっかけと、教室開設を決心した 決め手は何でしたか?

自身が元々ジュニア生だったこと。

子育てと両立しながら働けるということ を知ったから。

将来の目標である親子留学を叶えるのに 一番良い道筋になると考えたから。

Q2 ECCジュニアのホームティーチャー 説明会に参加されたときの印象は いかがでしたか?

正直、説明だけ聞いてみようと 思っていたのが、テストや面接も ありぐっと背中を押された気がします。

Q3 教室を始められてから、生活はどの ように変わりましたか?

またご家族、ご友人など、周りの 方々の反応はいかがですか?

小さな子どもがいるので、毎日は 確かに慌ただしくなりましたが、 やりがいも感じられますし、生活 にハリが出たと思います。

周り、特に自身の両親からは、今まで してきた英語を活かした仕事をして くれるのは嬉しいと言われます。

Q4 これから、ジュニア教室の開設を 考えておられる方へのメッセージを お願いします。

初めは大変と感じられると思いますが、 慣れれば本当に楽しく、何より子ども たちからパワーをもらえる仕事です。

生徒さんたちの成長がみられるときに 嬉しさとともにやりがいを感じられます。

木村和子先生|香寺青葉台教室|現在 60代


気づいたら30年がたっていました。 家族はこれからも長くホームティーチャー を続けてほしいと言ってくれています。

Q1 たくさんある英語教室の中でECC ジュニアを選び、長く続けていただ いている理由を教えてください。

気づいたら30年がたっていました。

振り返ると、主人、子ども達を含め 家族のサポートがありここまで続けて こられたと思っています。

時に主人はポスターの貼り替えや、 事務も手伝ってくれています。

家族はこれからも長くホーム ティーチャーを続けてほしいと 言ってくれています。

Q2 「ホームティーチャーになって 良かった!」と実感されるのは どんなときですか?

子ども達の成長、変化を目の当たり にできる事です。

自分の子ども達同様、長きに渡り 子ども達とお付き合いをするので、 楽しい時間も反抗期も経験できます。

反抗期の子ども達の多くは、両親 に相談できない悩みを打ち明けて くれる事が多いです。

逆に教室でも反抗期の生徒もいま したが、卒業する時には甘えて くる位に成長し、反抗期を乗り 切った姿を見せてくれます。

それぞれの子どもの成長をとても 身近に感じる仕事です。

Q3 Q3教室を開設する前に感じていた不安、 また、それをいつ、どのように解消 されましたか?

生徒募集について 不安は契約し、ホームティーチャー を始めると決めてもずっとあり、 なかなか一歩踏み出せずにいました。

そんな時、主人の一言が私を救って くれました。

契約の時に支払った契約金(3万円) は捨てたと思ってもう少し気楽に 頑張ってみたら?と言ってくれた事で、 すっと気持ちが楽になり、教室を 始める事をお友達にも話せる様に なったんです。

そうするうちに開講を迎え、初年度 は約20名の生徒が集まり教室が スタートできました。

今でも気持ちは、教室は自分1人 でなく、主人と2人でやっていると 思っています。

Q4 ホームティーチャーになって、 ご自身の英語力(または学力)や 指導力など能力的な変化はありま したか?

また、「人間的に成長した」などの 内面的な変化はありましたか?

長く続けてきた事で、自分の英語力 も向上していると思います。

また、年齢も重ねてきた分、保護者 のみなさんや子ども達の気持ちを 汲み取り話せる様になったと思います。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCジュニアスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCジュニアスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求
資料請求の方法

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ