和歌山にお住いのホームティーチャー

前出 彩先生|原谷教室|現在 30代


子どもと一緒に英語を学べて、自分の 勉強になり、英語に毎日触れられて いることが幸せです。

Q1 ECCジュニア教室に興味を持った きっかけと、教室開設を決心した 決め手は何でしたか?

英語が好きで、子どもが生まれて 毎日一緒に英語の歌を歌ったり ダンスをしました。

娘の喜ぶ顔を見て子ども達とも 一緒に英語を楽しみたいと思いました。

Q2 ECCジュニアのホームティーチャー 説明会に参加されたときの印象は いかがでしたか?

最初は不安で緊張していましたが、 センターのスタッフの方がフレン ドリーで安心しました。

Q3 教室を始められてから、生活は どのように変わりましたか? またご家族、ご友人など、周りの 方々の反応はいかがですか?

毎日、充実していて楽しいです。 子どもと一緒に英語を学べて、 自分の勉強になり、英語に毎日 触れられていることが幸せです。

Q4 これから、ジュニア教室の開設を 考えておられる方へのメッセージを お願いします。

英語と子どもが好きな方、本当に やりがいのある仕事だと思います。

毎日楽しく過ごせるので、ぜひ はじめてみて下さい。

妻木なをみ先生|亀川小学校前教室|現在 40代


教室周辺のポスター貼りやのぼりの他、 定期的な折り込みチラシを実施し、 生徒が少しずつ集まってきました。

Q1 たくさんある英語教室の中でECC ジュニアを選び、長く続けていただ いている理由を教えてください。

長年研究された教材と生徒が楽しく 長く続けられるカリキュラム。

Q2 「ホームティーチャーになって 良かった!」と実感されるのは どんなときですか?

生徒の力がついていると実感した時。 まわりの人、生徒さん、保護者 そして自分の家族に感謝するように なった。

Q3 教室を開設する前に感じていた不安、 また、それをいつ、どのように解消 されましたか?

生徒募集について 教室周辺のポスター貼りやのぼりの他、 定期的な折り込みチラシを実施し、 生徒が少しずつ集まってきた。

Q4 ホームティーチャーになって、 ご自身の英語力(または学力)や 指導力など能力的な変化は ありましたか? また、「人間的に成長した」などの 内面的な変化はありましたか?

自分は英語がわかっていてある程度 できると思っていたのがECCジュニアのレッスン をするようになり、子どもに教える ためには別のアプローチをしないと いけないことがわかり、毎年新鮮な 気持ちでレッスンにのぞめる。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCジュニアスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCジュニアスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求
資料請求の方法

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ