宮城県仙台にお住いのホームティーチャー

鈴木 朋実先生|涌谷田町裏教室|現在 30代


周囲からは“ホームティーチャーになってから、 とても楽しそうだね!!”と言われるように なりました。

Q1 ECCジュニア教室に興味を持ったきっかけと、 教室開設を決心した決め手は何でしたか?

前年まで長期間海外の会社に勤務しており、 帰国してからは、身につけた英語を地域の 子ども達のために還元できる仕事をしたいと 考えていました。そのちょうど良いタイミ ングでホームティーチャー募集の広告を目 にし、“これだ!”と直感しました。 外国をもう一つの故郷として持つ我が子の ためにも、英語力を保てる環境を身近に 作ってあげられたらという親心も開設の 決め手となりました。

Q2 ECCジュニアのホームティーチャー説明会に 参加されたときの印象はいかがでしたか?

とてもアットホームな雰囲気の中、担当 スタッフの方が私の小さな疑問や不安に 一つ一つ丁寧に答えてくださったので、 説明会が終わる頃には“ホームティーチャー になろう”と心が決まっていました。

Q3 教室を始められてから、生活はどのように 変わりましたか?またご家族、ご友人など、 周りの方々の反応はいかがですか?

夕方から始まるレッスンの間は、子ども達の ことを母に頼んで全面的に協力してもらって います。周囲からは“ホームティーチャーに なってから、とても楽しそうだね!!”と 言われるようになりました。

Q4 これから、ジュニア教室の開設を考えておら れる方へのメッセージをお願いします。

好きな英語を仕事にできることはこの上なく 幸せですし、何より生徒である子ども達が レッスンを「楽しい!」「わかった!」と 言ってくれることが私の毎日の原動力と なっています。こんな仕事に出会えて心から 良かったと思っています。

佐藤 晃子先生|羽黒台教室|現在 40代


毎週“Hello!”と教室に入ってくる生徒さん 達の顔を見ると自分自身のスイッチが入ります。

Q1 たくさんある英語教室の中でECCジュニア を選び、長く続けていただいている理由を 教えて下さい。

自分の2人の子ども達に英会話を習わせたい、 自分ももう一度英会話を習いたい、と思って いた時期にコマーシャルを観て、チラシも 同時に見ました。開講条件も「私もできる かも!」と思えるものでした。

その後、 予定外に3人目を妊娠しましたが、生徒さん のご理解もあり、出産・育児をしながらも 毎年新しい生徒さん達と出会うことができて いるからです。

Q2 「ホームティーチャーになって良かった!」 と実感されるのはどんなときですか?

今、やっと開講当時入学してくださった生徒 さんが卒業を迎える時期になっています。

そんな中で、自分の英語力を生かして進路や 将来の夢を考えてくれていることを知った時。 また、学校は休んでも夕方ECCジュニアには行くと 言ってくれていることを聞いた時です。

Q3 教室を開設する前に感じていた不安、また、 それをいつ、どのように解消されましたか?

英語力に不安がありましたが、研究された カリキュラムで指導内容・方法もしっかり 示されており、

センタースタッフのサポートもあり、 予習をすれば正しい英語を伝える ことができていると思えました。

Q4 ホームティーチャーになって、ご自身の 英語力(または学力)や指導力など能力的な 変化はありましたか? また「人間的に成長した」などの内面的な 変化はありましたか?

開講当初はゲームなどもマニュアルどおり 全て行おうとし、時間オーバーさせていま したが、今では生徒さん達の様子を見て、 臨機応変に指導することができるように なってきたと思います。

毎週“Hello!”と 教室に入ってくる生徒さん達の顔を見ると 自分自身のスイッチが入り、わが子同様に 愛おしく思い、責任ある発言や行動をとら なくてはと思っています。

ホームティーチャーの資料請求

ホームティーチャーという仕事

今「資料請求」に応募すれば、お住まいのお近くの説明会に簡単にすぐ参加できます。
説明会は日本全国で行っています。まずは説明会に参加してみて、直接ECCジュニアスタッフに色々と疑問点や不安な点などを聞いてみましょう。きっとこちらもすぐに解決します。 もちろん資料請求をしてみて、実際に内容をよく吟味してからの説明会参加でもOKです。 まずはECCジュニアのホームティーチャーとはどういったお仕事なのか、内容をしっかり理解してもらいたいですね。

このホームティーチャーの募集は今の時期が最も多い時期となります。
来年の4月に新入生となる子どもたちに合わせて、ご自身の教室を開講するにはうってつけの時期なのです。逆に言うと今の時期を逃すとこれからなかなかチャンスが来ないとも言えます。 だからこそ今がチャンスなのです。

ホームティーチャーになると、ECCジュニアスタッフが万全の態勢でバックアップ致します。 手取り足取り教室運営のノウハウを惜しみなくつぎ込みます。
教室開講までの研修、教材の無償提供、教室内装の備品提供、開講準備、そして特に生徒募集については認知度抜群のECCジュニアの長年の実績と信頼で地域でのチラシやWEB広告などを使って、思っている以上に生徒を集めることができるでしょう。 だからこそ、あなたは何も心配することはありません。特に初めに開講するのにお金がかかるんじゃないかと心配している方もいると思いますが、こちらは手出しのお金はほぼ掛からないです。

こういった心配事も含めて、まずは「資料請求」→「説明会参加」に行ってみて、実際に詳しくECCジュニアスタッフの説明を聞いて下さいね。

ホームティーチャーの資料請求
資料請求の方法

追伸

子どもの育児と仕事が両立できて、いくつになってもどこにいっても続けられるお仕事として、今主婦の注目を集めているECCジュニアのホームティーチャーというお仕事。 資格は特に必要ありません。基礎的な学力(中学レベル)とやる気さえあれば、OK!

自分の都合のいい時間帯だけを使って教室を開いて子ども達に英語を教えます。

なんといっても全国にいるECCジュニアのスタッフが事細かに支援サポートをしてくれますから、安心してやっていくことができます。

少しでもご興味があれば、資料請求してみましょう。
そこからじっくり検討して、説明会への参加をお決め下さい。ホームティーチャーになるには、今の時期が1年のうちで一番いい時期となります。 家庭と仕事の両立ができる主婦の強い味方が、ホームティーチャーです。

ホームティーチャーの資料請求

ページの先頭へ